花に囲まれた墓地!?ガーデニング霊園とは

ガーデニング霊園とは何か?

近年では、最後に眠るお墓の形はいろいろありますが、需要が高まっている墓地の形がガーデニング霊園になります。ガーデニング霊園は造園家などが設計した霊園の中のお墓の周りに、花や植栽を植えることでガーデニングされた庭のような霊園です。
通常の霊園の場合、花を植えても隣の墓の家族が花が好きではなかったり、植物が育って迷惑をかけてしまう可能性があります。対して、ガーデニング霊園であれば比較的植物が好きな人が埋葬されることが多く、故人の好きだった花に囲まれ眠らせてあげることができます。

また、花は管理スタッフがきちんと管理しているため、自分で管理する必要がない霊園もあります。自分で管理が必要な霊園もあるため、契約まえにきちんとチェックします。

ガーデニング霊園のメリット・デメリット

ガーデニング霊園のメリットは、花に囲まれていることで明るい気持ちでお墓参りができるということが挙げられます。植物が好きだった故人を思い出せることができる、というのもメリットと言えます。また、バリアフリー設計になっていることが多いため、体が不自由な人でもお墓参りがしやすくなっています。宗派を問わずに埋葬できることも多いというのもメリットです。
ただし、デメリットもあります。ガーデニング霊園自体の数が少なく、中にはきちんと植物を管理していない霊園もあります。蜘蛛の巣などが放置されている、植物が傷んでいるという場合にはきちんと管理していない可能性があります。自分で手入れする必要がある霊園もあるため、選び方には注意します。

霊園のことならいせや